スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サダン村

2009年07月01日 20:56

どーも、まだ生きているこぐーです。


メダンでガイドに「田舎の英語教育に力を貸してほしい」と頼まれ即決。

メダンから列車に揺られ5時間、更に3輪バイクに揺られて1時間。

着いた先は赤道直下のジャングル奥地の小さな村。

そこである一家にお世話になることになったのだが、やっぱり英語が通じない。

でも、村でのシンプルライフは結構楽しかった。

右手でご飯を食べて、左手でケツを洗うという初体験したり、

料理が辛すぎて涙出しながらご飯食べたり、

近くに滝壺があって毎日ダイブしたり、

電気もろくに通らない村だから夜は静かで星空が最高だったり、

毎日村の子供たちに追いかけられたり、

毎晩村の人たちとチェスをしたり、

パーム油と天然ゴム採取の手伝いをしてモノカルチャー経済を体感したり、

書ききれないほど沢山の思い出がある。

ホストファミリーとも言葉通じなくてもコミュニケーションできちゃったりするしね。


肝心のボランティアもちゃんとできました。

臨時英語教師として付近の学校を回ってました。

こんなフィリピン訛りの英語で良いのか?と思っていたけど、先生たちのインドネシア訛りはかなり聞き取りにくく、英語教育に力を貸してほしいと頼まれた意味がよくわかった。

ただ、この学校訪問でショックを受けることもあった。

イスラム教の学校で保護者たちに「それで君はムスリムなの?」と聞かれたり、

付き添いガイド曰く、ある教師に「あの日本人に寄付を頼めるんじゃないか?」と言われたり、

ホントにいろいろ勉強させてもらった。


村での居心地が良すぎて2週間も住み着いたが、7月に大統領選挙があって混乱を避けるため、おととい村に別れを告げました。

ホストファミリーと別れるときは日本の某番組みたいにウルルンってしちゃった。

言葉は通じないけど、気持ちは通じるんだよね。

泣きそうになりながら家を出て、ご近所様に挨拶回り。

最後は村の子供たちが見送りに来てくれたが、みんな泣きそうにな顔にかわいいと思いながら、俺も泣きそうになる。

この村を紹介してくれた付き添いガイドとも再会を夢見てお別れ。

みんなありがとう!!ほんとありがとう!!また絶対に会おう!!

テリマカシー インドネシア!!


一番強くいなくちゃいけないのは俺なんだ。

“旅”という意味をしっかり踏みしめてマレーシア行のフェリーがある港まで夜行バスで向かう。



しかしバス満席。

仕方なくバス前方の乗降口階段に座る。

道が悪いから運転も悪く全く眠れない。

乗り物酔いに強い俺でも吐きそうになる。

ウトウトしているとバスが急に止まり騒がしい。

ふと前を見ると3台先にある大型バスからゾロゾロと人が出てくる。

「まさか!?」と思って横切ると、大型バスと大型トラックの正面衝突。

このバスだったら俺死んでるってゆー・・・。

そんな感じで8時間悪路に揺られ港に着き、4時間待たされチケットを受け取り、5時間冷房が効きすぎてるフェリーに揺られ、昨日マレーシア入りしました。

体調を崩したのでしばらくこのマラッカで休憩して、回復したらクアラルンプールに向かって新たなボランティアを探そうと思います。

p.s.マイケル・ジャクソンが死んだって本当ですか?


小暮 和久 2009,7,1 melaka
スポンサーサイト

メダン

2009年06月16日 17:31

どーも、 無事メダンに着いたこぐー です。

フェリーで外国人は僕一人で、言葉も通じず、 みんな僕を見る。

ビクビクしているとある男が声をかけてきた。

英語が少し分かる人で仲良くなり、その人の知りあいの家にホームステイする事になった。

緊張しながらステイ先へ向かう。

強面の人ばかり。

でもすぐに打ち解け、晩御飯までごちそうになった。

驚いた事に、15人の大家族!!

近々17人家族になるらしい。

食後は子供たちと遊び、インドネシア語を教わったり、とても楽しかった。

そのあと、強面の人たちとタバコ吸いながらおしゃべり。

彼らの言葉は通じないけど、優しさが伝わってくる。

俺のことを"兄弟”と呼んでくれた。

すごく嬉しかった。

部屋まで用意してもらって、ほんと優しい家族だった。

日本に戻ったらインドネシアの家族に手紙書こうと思います。

昨日家族と別れ、今はかわいい女の子がいる一泊約400円のゲストハウスに泊まっています。

インドネシアの居心地は最高です!!

小暮 和久 2009,6, 16 medan


ただいま、この辺にいます!!
kakuuto

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。