スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クアラルンプール

2009年07月17日 17:15

どーも、まだクアラルンプールにいるこぐーです。

あれから日本大使館に通ったにも関わらず情報を得られず、無駄な一週間を過ごしてました。

このままでは日本を出た意味が無い!!

そう思い、ダメ元で思い切ってJICA(国際協力機構 )に電話しました。

そしたら会うアポが取れて
JICAってどんな活動をしているのか?
マレーシアにおける国際協力って何?
協力隊員ってどんな方々なのか?
って感じでプロフェッショナルな方々から話を聞いてました。

現場見学がしたいという無理なお願いにもOKしてもらって、昨日現場見学してきました。

現場は郊外にある国立障害者職業訓練所。
-PUSAT LATIHAN PERINDUSTRIAN DAN PEMULIHAN BANGI-
(http://www.jkm.gov.my)

まず驚いたのがその広さと立派さ。
グランドや体育館、寮まであった。
しかも無料。

協力隊員のWさんに訓練所内を案内してもらいながらいろいろと説明をしてもらいました。

本音や裏話までぶっちゃけトーク炸裂で勉強になった。

また、Wさんの日本語教室にも飛び入り参加して交流会みたいな感じで 貴重な体験も出来た。

訓練生たちもとても明くて楽しい見学だった 。

Wさんとは晩ご飯も一緒になり国際協力という枠を超えて面白い話もたくさん聞けた。

マレーシア政府がここまで立派な訓練所を建てたにも関わらず、民間企業の障害者の受け入れが乏しいという話しを聞いた。

訓練生たちは毎日頑張って技術を身につけているのに、卒業証書を手に入れても就職できないというのが現実。

自分に何かできる事はないかと考えたけど 、答えが出てこない。

でもこの見学を通じて刺激を受けた。
訓練生たちにも良い刺激になったとWさんが言った時、これだ!!と思った。

『何かをする』のではなくて『理解する』 ことが大切だと気づいた。

お互いを理解することが共生の第一歩なんだと。

このブログもみんなが『理解する』きっかけになれば俺も世界に貢献できでいるんじゃないかなと思います。

現場見学をさせて頂いたWさん、情報提供して頂いたMさん、本当にありがとうございました!!

来週は紹介して頂いた福祉施設を見学しにコタバルへ向かいます。

日本を飛び出た学生はしっかりと勉強しています。

p.s.朝起きたら欧米人が隣りのベッドでSEXしてました。


小暮 和久 2009, 7, 17 kuala lumpur
スポンサーサイト


ただいま、この辺にいます!!
kakuuto

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。