スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアンパバーン

2009年10月29日 16:27

どーも、最低の悲しさを乗り越えたWAKUです。


前回のつづき。

ビエンチャンからルアンパバーンに行くバスの中、モンゴル人っぽい日本人に声をかけられる。

フリージャーナリストのDさん。

彼もNGO団体などを回って環境について取材しているみたいで、話が盛り上がった。

そのDさんから携帯電話を約500円でゆずってもらった。


ルアンパバーンで2泊して、今回の見学現場であるシェンクワン県のポンサワンに向かう。

いろは坂みたいな道のりを8時間揺られ、ポンサワン到着。


第一印象は「さむい」。

八ヶ岳に似た気候で、無性にソフトクリームが食べたくなるようなところだ。

そして、いたるところに爆弾の殻が飾ってある。

ゆずってもらった携帯電話を使って、早速NGO団体JMASに連絡。

その翌日に現場にいくことになった。



翌日の朝、迷いながらも事務所に到着。

不発弾について簡単な説明を受けて、いざ不発弾処理の現場へ。

ポンサワンから車で約1時間。


「着いたよ」と言われたところは穏やかな平原。

馬とか牛とかが放し飼いされてて、爆弾とは無縁な地に見えた。

その現場の責任者から注意事項を聞いて、爆弾が埋まってるポイントまで歩く。

「確認済みだから大丈夫だよ。」と言われても、やっぱり怖い。

前の人の足跡をたどる。


「ここです。」と言われたところは、普通の野原。

でも、所々にピンク色のサンドバッグが置いてあって、その下に確認した不発弾が埋まっていた。

テニスボールみたいなの鉄のかたまりだった。


通称 ボンビー という小型爆弾。

クラスター爆弾の中に入っていて、空中で散る。

決まった回転数まで回転したら自動的に爆発するシステムらしい。


被害者のうち、28%はこども。

ボールだと思って手に取って、転がしたり、遊んだりして死傷する話を聞いた。

想像するだけで、恐ろしい爆弾だ。


何個か見せてもらって、爆破処理をするために離れる。

しばらく待ってると、「処理したい?」と言われ、起爆装置のスイッチを渡される。

「普通はやっちゃいけないんだけど、特別に。」

ということで、爆破処理することに。


「1、2、3!!…ポチッ。」

スイッチを押した瞬間、爆発の映像が目に飛び込んでくる。

テレビで特撮を見てる感じだ。

そして、1テンポ遅れてドォォォーーーーォーーォォーーーーォーーン!!!!!!!!という爆音。

近距離で花火を見た感じだ。

ちょっとの間、放心状態だった。


スイッチを返すと、みんなから拍手を送られた。


百聞は一見にしかず。

そして、

百見は一験にしかず。



そしてお昼ご飯。

日本人隊員のYさん、Sさん、Kさんから話を伺う。

3人とも元自衛官で兵器についてメチャメチャ詳しい。

特にSさんは世界トップレベルの不発弾処理技術を持っていて、この道50年の大ベテラン。

わずかなミスが死を意味するこの仕事で、50年間処理してきたSさんはホントに大物だ。



午後は他の現場へ向かう。

着いたのは確認済みの雑木林。


道路から1mの脇に2つのボンビーが埋まっていた。

写真を撮ってるとSさんに呼ばれて、そちらに向かう。

足元を指差すから覗いてみたら、未確認のボンビー1つ。

そこの現場責任者は苦笑い。

ふと自分の足元を確認するぐらい焦った。

マジで怖い。

足早に、そして慎重に雑木林を出る。

そして爆破処理。


処理したあとはどうなってるのか気になり、また恐怖の雑木林に入る。

直径50cm・地底30cm位、地面がえぐられていた。

えぐれた穴を触るとまだ温かく、ボンビーの破片も拾った。

2cm×2cm位の破片でも、簡単に人の腕を切り飛ばすらしい。

子供がこのボンビーで遊んでる風景をイメージしたら寒くなった。


車に戻って余韻に浸っていると、ラオス女性デマイナー(爆破処理班研修員)が「お疲れ♪」とバナナを持ってきてくれた。

笑顔が素敵な人だった。

あとあとSさんと話して知ったのだが、

そのラオス女性デマイナーは数ヶ月前にボンビーで夫を亡くしたという。

そして他の人に同じような経験をして欲しくないということで、

危険にもかかわらずデマイナーに志願したらしい。

それを聞いた俺は胸が熱くなった。


事務所に戻って、少し講義を受けて、爆破処理見学・特別実習が終了。

ゲストハウスに戻って、膨大な情報と複雑な感情を整理した。



翌日、散歩してると爆弾の展示会を見つけ中に入る。

お客さんは俺ひとり。

静かに回ってると、スタッフに声をかけられる。

独学で英語を勉強しているBさん。

爆弾の被害者で、左腕がない。

Bさんから左腕をなくしたときの話を聞くことができた。

「1997年、実家の畑を鍬で耕してたんだ。そして、ふと気づいたら病院にいた。そのときには左腕がなくなってた。3日間、意識を失ってたらしい。後になって聞いた話だと、鍬で埋まってたボンビーを突っついて爆発した。父はすぐに僕を県立病院に連れて行った。(約1時間)そしてそこから国立病院に移された。(約12時間)そこで2ヶ月も入院した。体にめり込んだ破片は今でも痛む。」

それからBさんは障害者となり、今は仕事があるからラッキーだという。

彼とは5時間近くおしゃべりしたからかなり仲良くなり、

「来週、僕の村に来るかい?」と誘われた。

願ってもないチャンスだったが、諸理由があって諦めざる得なかった。

もったいない。

Bさんとは再会の約束をして翌日、ルアンパバーンに戻る。


そして今は何もないルアンパバーンで日本語教師をしながらのんびりしてます。

来週、中国入国予定です。



あと、お知らせです。




カメラを滝つぼに落としました。

水深3mの濁流の中に。











すべて水に流れました。


防水カメラだったから余計に悔しい。



p.s.「物より思い出」って開き直ってるけど、励ましのコメントまってます。


小暮 和久  2009.10.29 luang prabang
スポンサーサイト


ただいま、この辺にいます!!
kakuuto

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。