スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアンパバーン

2009年10月29日 16:27

どーも、最低の悲しさを乗り越えたWAKUです。


前回のつづき。

ビエンチャンからルアンパバーンに行くバスの中、モンゴル人っぽい日本人に声をかけられる。

フリージャーナリストのDさん。

彼もNGO団体などを回って環境について取材しているみたいで、話が盛り上がった。

そのDさんから携帯電話を約500円でゆずってもらった。


ルアンパバーンで2泊して、今回の見学現場であるシェンクワン県のポンサワンに向かう。

いろは坂みたいな道のりを8時間揺られ、ポンサワン到着。


第一印象は「さむい」。

八ヶ岳に似た気候で、無性にソフトクリームが食べたくなるようなところだ。

そして、いたるところに爆弾の殻が飾ってある。

ゆずってもらった携帯電話を使って、早速NGO団体JMASに連絡。

その翌日に現場にいくことになった。



翌日の朝、迷いながらも事務所に到着。

不発弾について簡単な説明を受けて、いざ不発弾処理の現場へ。

ポンサワンから車で約1時間。


「着いたよ」と言われたところは穏やかな平原。

馬とか牛とかが放し飼いされてて、爆弾とは無縁な地に見えた。

その現場の責任者から注意事項を聞いて、爆弾が埋まってるポイントまで歩く。

「確認済みだから大丈夫だよ。」と言われても、やっぱり怖い。

前の人の足跡をたどる。


「ここです。」と言われたところは、普通の野原。

でも、所々にピンク色のサンドバッグが置いてあって、その下に確認した不発弾が埋まっていた。

テニスボールみたいなの鉄のかたまりだった。


通称 ボンビー という小型爆弾。

クラスター爆弾の中に入っていて、空中で散る。

決まった回転数まで回転したら自動的に爆発するシステムらしい。


被害者のうち、28%はこども。

ボールだと思って手に取って、転がしたり、遊んだりして死傷する話を聞いた。

想像するだけで、恐ろしい爆弾だ。


何個か見せてもらって、爆破処理をするために離れる。

しばらく待ってると、「処理したい?」と言われ、起爆装置のスイッチを渡される。

「普通はやっちゃいけないんだけど、特別に。」

ということで、爆破処理することに。


「1、2、3!!…ポチッ。」

スイッチを押した瞬間、爆発の映像が目に飛び込んでくる。

テレビで特撮を見てる感じだ。

そして、1テンポ遅れてドォォォーーーーォーーォォーーーーォーーン!!!!!!!!という爆音。

近距離で花火を見た感じだ。

ちょっとの間、放心状態だった。


スイッチを返すと、みんなから拍手を送られた。


百聞は一見にしかず。

そして、

百見は一験にしかず。



そしてお昼ご飯。

日本人隊員のYさん、Sさん、Kさんから話を伺う。

3人とも元自衛官で兵器についてメチャメチャ詳しい。

特にSさんは世界トップレベルの不発弾処理技術を持っていて、この道50年の大ベテラン。

わずかなミスが死を意味するこの仕事で、50年間処理してきたSさんはホントに大物だ。



午後は他の現場へ向かう。

着いたのは確認済みの雑木林。


道路から1mの脇に2つのボンビーが埋まっていた。

写真を撮ってるとSさんに呼ばれて、そちらに向かう。

足元を指差すから覗いてみたら、未確認のボンビー1つ。

そこの現場責任者は苦笑い。

ふと自分の足元を確認するぐらい焦った。

マジで怖い。

足早に、そして慎重に雑木林を出る。

そして爆破処理。


処理したあとはどうなってるのか気になり、また恐怖の雑木林に入る。

直径50cm・地底30cm位、地面がえぐられていた。

えぐれた穴を触るとまだ温かく、ボンビーの破片も拾った。

2cm×2cm位の破片でも、簡単に人の腕を切り飛ばすらしい。

子供がこのボンビーで遊んでる風景をイメージしたら寒くなった。


車に戻って余韻に浸っていると、ラオス女性デマイナー(爆破処理班研修員)が「お疲れ♪」とバナナを持ってきてくれた。

笑顔が素敵な人だった。

あとあとSさんと話して知ったのだが、

そのラオス女性デマイナーは数ヶ月前にボンビーで夫を亡くしたという。

そして他の人に同じような経験をして欲しくないということで、

危険にもかかわらずデマイナーに志願したらしい。

それを聞いた俺は胸が熱くなった。


事務所に戻って、少し講義を受けて、爆破処理見学・特別実習が終了。

ゲストハウスに戻って、膨大な情報と複雑な感情を整理した。



翌日、散歩してると爆弾の展示会を見つけ中に入る。

お客さんは俺ひとり。

静かに回ってると、スタッフに声をかけられる。

独学で英語を勉強しているBさん。

爆弾の被害者で、左腕がない。

Bさんから左腕をなくしたときの話を聞くことができた。

「1997年、実家の畑を鍬で耕してたんだ。そして、ふと気づいたら病院にいた。そのときには左腕がなくなってた。3日間、意識を失ってたらしい。後になって聞いた話だと、鍬で埋まってたボンビーを突っついて爆発した。父はすぐに僕を県立病院に連れて行った。(約1時間)そしてそこから国立病院に移された。(約12時間)そこで2ヶ月も入院した。体にめり込んだ破片は今でも痛む。」

それからBさんは障害者となり、今は仕事があるからラッキーだという。

彼とは5時間近くおしゃべりしたからかなり仲良くなり、

「来週、僕の村に来るかい?」と誘われた。

願ってもないチャンスだったが、諸理由があって諦めざる得なかった。

もったいない。

Bさんとは再会の約束をして翌日、ルアンパバーンに戻る。


そして今は何もないルアンパバーンで日本語教師をしながらのんびりしてます。

来週、中国入国予定です。



あと、お知らせです。




カメラを滝つぼに落としました。

水深3mの濁流の中に。











すべて水に流れました。


防水カメラだったから余計に悔しい。



p.s.「物より思い出」って開き直ってるけど、励ましのコメントまってます。


小暮 和久  2009.10.29 luang prabang

ビエンチャン

2009年10月23日 22:04

どーも、インドネシアから金銭的援助を迫られて困ってるWAKUです。


10月13日にラオス入り。

ベトナムのハノイからラオスのビエンチャンまでバスで21時間。

途中で鼻空想砲(ノーズ ファンシー キャノン)並の爆発音が聞こえ、テロか!?

と思いきや、ただのパンク。

IMGP2582_convert_20091023212918.jpg↑パンクの修理中。

バスの中で韓国人家族と仲良くなるが、ビエンチャンでお別れ。

やさしい家族だった。


ビエンチャンではドミトリーに泊まったにも関わらず、俺1人。

嬉しいようで、寂しいようで。


翌日、中国大使館に1ヶ月ビザの申請。


その途中で義足のポスターが目に入った。

そしてラオスでのテーマが決まった。


【地雷について考えよう】


ということで、3つのNGO団体を訪ねた。


1つ目は「Japan Mine Action Service(JMAS)」。

代表のTさんからお話を伺う。

Mineは地雷を意味するけど、JMASは主に不発弾の処理をしているとのこと。

クラスター爆弾の話や、犠牲者の話など色んな話をした。

Tさんの自論だと、不発弾を全部処理するのに1000年以上かかるという。

見学の許可が下りて、その翌週末に地雷原を訪問することに。


ちなみに先ほど、命がけの地雷原見学しました。

詳しくは次回の日記に書きます。



2つ目は「Association for Aid and Relief(AAR)」。

車椅子を作ってる日系NGO団体。

アポなし体当たり訪問に応じて頂いた代表のOさんに感謝。

工場現場を案内して頂いたり、実際に何種類もの車椅子に乗らせてもらった。

IMGP2595_convert_20091023213502.jpg↑工場現場に置かれた様々な車椅子。

そしてOさんに車椅子バスケを見ていかないか?と誘われる。

同じ敷地内に体育館があるらしく、Oさんの仕事が終わってからついて行くことに。



Oさんを待ってる間にAARの隣にある3つ目のNGO団体を訪ねた。

「Cooperative Orthotic and Prosthetic Enterprise (COPE) 」。

イギリス系NGO団体で、主に義足や義手を作っている。

俺が見たポスターはCOPEのポスターだった。

こっちもアポなしでドアを開いたら、展示会みたいになっていた。

IMGP2610_convert_20091023214155.jpg
↑爆弾をつないで作った「逃げ惑う母と子」。


IMGP2605_convert_20091023214015.jpg
↑クラスター爆弾の中に入っている165個くらいのボンビー(小型爆弾)。


IMGP2602_convert_20091023213704.jpg↑順番待ちしている義足たち。


IMGP2603_convert_20091023213814.jpg↑バギーの手。


COPEでみんなにお土産を1冊買ったから楽しみにしててね。



そしてユニホーム姿でやる気満々のOさんと合流。

体育館では数人のラオス人が車椅子でバスケの練習をしていた。

他のNGOで働いてる日本人2人も来た。

しばらく見学していると、ミニゲームに誘われた。

リアルだった。

人生初の車椅子バスケ。


ということで、

日本vsラオスの車椅子バスケ国際親善マッチ。

10分の予定が気づいたら30分もバスケしてた。

終わったころには腕が上がらないほど、パンパンに張ってた。

体力の限界というものを越していた。

IMGP2612_convert_20091023214307.jpg↑国際親善マッチ後の体育館。



というのも実はその午前中、

ラオスのパーミットを伸ばしたかったから、

タイを出国して、黄猿に負けないスピードでラオスに再入国。

炎天下の中、往復50km。

チャリで。

IMGP2582_convert_20091024212918.jpg↑左はラオス、右はタイ、真ん中はメコン川。

ちなみにチャリで国境超えしたのは俺しかいなかった。



話を戻す。

その夜は日本人みんなで晩御飯。

かなり疲れてたのか、大嫌いなビールがよく飲めた。

ヒグマが来てもビールは渡さなかっただろう。

そして興味深い話も聞けた。

GHP、GDPの話から、

『幸せとはなにか?豊かさとはなにか?』



食事代はすべてご馳走になり、ゲストハウスに戻る。

翌日、筋肉痛を我慢してルアンプラバン行きのバスに乗り込む。

揺れるバスの中、2席独占して眠りについた。


つづく。


p.s.携帯電話を買いました。国を超える度に番号が替わります。


小暮 和久  2009,10,23 phonsavan

ハノイ

2009年10月12日 17:34

どーも、フィリピンの家族と連絡がとれて一安心のWAKUです。

だが、スマトラでお世話になった家族との連絡がとれず、かなり心配です。



10月6日早朝にハノイ入りした。

俺が泊まったゲストハウスは日本人だらけ。

酒飲んだり、一緒にごはん食べに行ったりと、久々に日本人との出会いを楽しんだ。



もちろん勉強もした。

ベトナムでのテーマは[農村地域の生活]

JICAや海外青年協力隊の専門家を回り勉強させてもらっていた。

見学の許可もおり、ハノイから車で約2時間のホアビン省にある農村地域を訪ねた。

IMGP2558_convert_20091012161823[1]↑ホアビンの農村風景


そこでは協力隊員のTさんのお世話になることに。

いまはちょうど米の収穫期らしく、農業体験実習もでき、

Tさんから農業の楽しさや難しさ、

ベトナムと日本の農業の違い、

Tさんの活動方針など興味がわくお話も聞くことができた。


IMGP2556_convert_20091012162336[1]
↑米の収穫。少し手伝わせてもらった。


IMGP2566_convert_20091012162818[1]↑村を案内してもらったとき。


またTさんとは歳が近く、地元藤沢の大学に通ってたということもあってか、妙に親近感があった。

俺がバイトしてたコンビニにも出没してたというから驚き。



その夜は他の隊員も集まって夕食をご馳走になった。

例のミルクアイスを除き、シンガポール以来の牛乳を飲んで感動。


そして、ホアビンに宿泊。


翌日Tさんと共にハノイに戻り、他の隊員も交えて久々の日本食レストランで昼食。

ごはんが美味しかったし、他の隊員の活動も聞けて大満足。

Tさんが俺のことを研修生と紹介してくれたからカッコつけることができた。


その夜、理由は分からないがJICAのパーティーに誘われ、紛れ込むことに。

みんなJICA関係者ということもあり、かなり気を使った。

だが、ほとんどの方々は俺のことを協力隊員だと思ってたみたいで、

一般人だとネタばらししても研修生という肩書で、

途中から気負うことなく勉強を楽しんだ。


俺の通ってた大学・同学部・同学科のOGにも出会い、 自分の通ってた大学が誇らしく見えた。


パーティーのあとはTさんらと監査員?の方のお宅にお邪魔して、

素人の俺は理解が乏しかったが学ばせてもらった。

おつまみのチーズがやたら美味しかったのは良く理解できた。

やっぱり、ウイスキー常温で飲む俺にビックリしてたけど。


その夜はTさんと同じゲストハウスに泊まり、プライベートな話で盛りあがり就寝。


翌日Tさんはホアビンに戻り、俺はハノイに残って散歩。

そして今日これからラオスへ出発します。

Tさんをはじめ、JICA関係者の皆さん

大変お世話になりました。

本当にありがとうございます!!



怒涛の2週間だった。

正直、ベトナムは2週間じゃ足りない。

まだログがたまってないよ!!って感じだ。

ホーチミンでは孤独を感じ、

ニャチャンでは海で人生を悟り、

ハノイでは日本人旅行者と遊んだり、JICAで勉強したり、

とても充実してた。


カムオン ベトナム!! タンビエット!!



さぁ、これからラオス。

フィリピンを除き、最後の東南アジア。

少し寂しい。

ラオスに何があるか分からないけど、とにかく頑張ってきます!!



p.s.バイクに轢かれました。怪我はないので大丈夫です。



小暮 和久 2009,10,12 ho chi minh

ホーチミン

2009年10月05日 20:33

どーも、怒涛の移動をくりかえしてるWAKUです。


9月30日にベトナム入りした。

ベトナムのスタート地点はホーチミン。

ここではボランティアを探すか探さないかで迷った挙句、ハノイにすべてをかけ、探さないことにした。

というのも、14日間しか滞在できない上に1,700kmもの移動があるためだ。

翌日に観光を兼ねて散歩。

だが、この散歩がマジ命がけ。

IMGP2496_convert_20091005190846[1]
↑こいつらに殺されそうになった。


ホーチミンでは3泊滞在し移動。


10月3日にはベトナムのビーチリゾートであるニャチャンに到着。

IMGP2503_convert_20091005194617[1]
↑ニャチャンのダイアモンドビーチ。


思ったより綺麗ではなかったが、地元湘南の海を思い出させた。

何かあると必ず海に寄ってた俺。

この旅を決意したのも、海だった。

この海の向こうに俺の夢がある。

だから辛いことも乗り越えることができた。

そして日本を飛び出た。

だが、ニャチャンの海を見て気づいた。

何も変わらない。

青空の景色も、潮の匂いも、さざなみの音も、タバコの味も、体を通る風も、何も変わらない。

世界はつながっていた。

結局は日本にいようが、海外へ出ようが、自分次第なんだ。

ぼーっと海を眺めてると突然、

「はっはっはー!!どーした、ジャパニー。ふられたか!?」

とおじさんが声をかけてきて、くだらないおしゃべりをした。

人ってあたたかい。

だから、俺もあたたかい人でありたい。

世界中の人々をつなげる海のような男になりたい。

いろんなことを教えてくれたニャチャンの海との出会いに感謝だ。


IMGP2510_convert_20091005195203[1]

↑海を眺める俺。


ニャチャンには1泊だけし、夜行バスでホイアンに向かう。


10月5日早朝、ホイアン到着。

滞在時間1時間半なので、荷物を預けて散歩。


New Image
↑この町並みが気に入った。


IMGP2520_convert_20091005200147[1]
↑東南アジアらしい1枚。


あっという間に1時間半が過ぎ、またバスに揺られる。


10月5日のお昼にフエに到着。

ゲストハウスを決めて到着してすぐに散歩。

10月6日発ハノイ行きの夜行バスのチケットを手配して今。


ベトナム楽しい!!アオザイかわいい!!


p.s.近いうちに過去の写真をアップします。コメントも返すよう心がけます。



小暮 和久 2009,10,05 hue

プノンペン

2009年09月30日 01:09

どーも、21歳が最悪の幕開けで始まったWAKUです。

こぐーから改名しました。


プノンペンに到着した翌日の午前中、郊外にあるSave Children Asia Organazation(S.C.A.O)というNGO訪ねた。

その日は休みで子供が少なかったが、責任者のSさんとお話ができた。

S.C.A.OはSさん個人で立ち上げたNGOで運営は一般のボランティアや寄付で成り立っているらしい。

ここでは17人の子供が共同生活をしており、みなとてもフレンドリーだ。

また、月曜~土曜の間には英語教室と裁縫教室を開いているらしく、その翌日から英語教室の先生をやらせてもらうことになった。



話がまとまったところで一旦ゲストハウスに戻る。

バイタクの兄さんボッタくってくる。

カンボジア入りしてどれだけ予算オーバーしているのだろう。



午後はプノンペンを散歩。


予想通り何度もバイタクやトゥクトゥクの運転手にしつこく声をかけられる。

笑顔で断って、振り切る。


そしてしばらく歩くと目の前で交通事故発生。

みな普通に立ってるから問題ないだろうと思い、素通り。

途中スーパーに寄って、大好きな豆乳を買ってゲストハウスに戻る。



翌日の午後、ゲストハウスから自転車をレンタルしてS.C.A.Oに向かう。

ボランティアの方々が建てたという本部から徒歩2分の校舎へ連れて行かれる。

予想に反して近所から沢山の子供たちが来ていた。

1コマ目は初級英語。

授業内容は簡単なのだが、子供たちがちゃんと聞いてくれない。

俺の性格がゆるいせいかもしれないが、夜遅くまでどう授業を楽しくアレンジしようかと考えてただけに、この学級崩壊にはショック。

2コマ目は中級英語。

このレベルになると授業らしい授業ができて満足。

休憩時間。

狭い空き地で裸足になり子供たちとサッカー。

飛び出た石に足をとられ、足の皮がべろんと剥けた。

3コマ目は上級英語。

このクラスは同じボランティアであるドイツ人のDさんとイギリス人のEさんが担当するクラスだったが、アシスタントとして参加させてもらった。

2人の英語は早くて生徒たちには聞きづらそうだが、教え方は上手い。

遠慮なくその技術を盗ませてもらった。

4コマ目も上級英語。

このクラスは俺が担当で、単語の発音や文法の説明を中心の授業。


固い授業が嫌いな俺。

ふざけながら授業を進めてたせいか、生徒たちにはよくモテた。


夜には夕食まで頂き、食後は子供たちとダンス踊ったり、折り紙折ったり、英語の予習・復習したりした。

同じボランティアであるDさんとEさんとおしゃべりする。

が、何言ってるかわからない。

英語の先生やってるのに、ヨーロッパ人の英語がわからない。

日本出てから今まで特に問題なかったのに。

自分の英語の“できなさ”にショックを受ける。

彼女らの言葉を理解できてこそ、世界標準レベル。


世界までの距離を痛感した。

明らかに自分の努力不足。

人生の課題がまたひとつ増えた。


得意だと“思い込んでた”英語に苦しみながらも、6日間、ボランティアとして英語教師をやらせていただいた。


そしてボランティア最終日は自分の誕生日。

バースデーソングを歌ってもらったり、生徒たちからバースデーカードやプレゼントをもらったりとめちゃくちゃ嬉しかった。

が、3コマ目の授業から体調の異変を感じる。

嫌な予感がした。

4コマ目には高熱。

この日のプログラムは雑談会。

他のボランティアの方々の助けを借りて何とかやり遂げ、フラフラになりながら本部に戻る。




ろうそくが1本刺さってるパンケーキがテーブルの上にあった。

そう、俺の誕生日会。

めちゃくちゃ嬉しかった。


ろうそくの火を消して、みんなと記念撮影。

幸せな時間だった。


が、そのときにはもう俺の身体は限界突破。

寒気、高熱、倦怠感、下痢、頭痛。

感染の可能性が高い。


さよならの挨拶をして、すぐにゲストハウスに戻る。

S.C.A.Oでもらった抗生物質を飲んで寝る。


が、この抗生物質が効きすぎた。

まあ、エグい話になるので省きます。

イワンコフにホルモン注射されたと思って下さい。

苦しい48時間を過ごし、やっとご飯を食べられるようになりました。

海外旅行保険は入るべきだね。



そして今日は体力回復のため散歩。

途中、スーパーマーケットに寄ってみると、インスタント生うどんが置いてあった!!

闘病中にうどんが食いたくてしょうがなかったから、マジで感動した。

高かったけど購入。

ゲストハウスに戻ってキッチンを借りて早速調理。

ゲストハウスのスタッフが食べたがってたのでみんなで食べたら、

スタッフ:「うすい」

俺:「東南アジアの料理が濃いんだよ」

スタッフはソイソース(醤油)やスパイスとか入れて食ってた。


このゲストハウスにも長かったからみんなと仲良くなって楽しかった。

また子供たちに会いに来たいな。

めっちゃボラれまくったけど、その裏で見える人の温かさを感じることができました。


オークン カンボジア!!


明日はベトナムのホーチミンへ向かいます。


p.s.気持ちはハタチのまま、これからも全力で突っ走ります。




小暮 和久 2009,09,29 phnom penh


ただいま、この辺にいます!!
kakuuto

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。